最近のクレジットカードは審査が甘いのよね~

キャッシングは個人で受ける小口の融資のことです。
キャッシングには銀行系やクレジット会社系または消費者金融系があります。
それぞれに特徴があり一長一短がありますので自分に合った物をよく選んで利用するようにしましょう。
一般的に銀行系は利息が安いのですが審査がとても厳しく融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。
もちろん断られる事も珍しくはありません。
逆に消費者金融系は審査が甘く融資を受けるまでほとんど時間がかかりませんが利息が高くなります。
クレジット会社系はこの銀行系と消費者金融系のちょうど中間の条件になります。
お金が急に必要になってしまって今すぐ融資を受けなければならないといった場合は消費者金融系を利用するのが正解でしょう。
消費者金融系ならば当日のうちに融資を受ける事も可能です。
申し込むことが出来るのは20歳以上で安定した収入がある人です。
また必要になる書類は本人を証明する書類と収入を証明する書類です。
担保や保証人は必要ない場合がほとんどです。
また融資の額が低い場合は収入を証明する書類は必要ない場合もあります。
少しでも早く融資を受けたい場合はこういった書類は一通り揃えてから申込みに行ったほうがいいでしょう。

お金を借りる時は自分に合った条件で選ぼう

金融業者から融資を受ける場合は、複数の業者から比較して、自分に合ったところを選ぶといいでしょう。
融資を受けるのに金融業者を利用したことがない場合、どこから借りても同じように思えるかもしれませんが、利率や貸出限度額など、いろいろな点で違います。
自分に合ったというのはどういうことかというと、10万円程度の融資を受けたいという場合に、土地などの財産を担保にして大きなお金を借りるための業者と契約する必要はありません。
銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシングでも間に合います。
必要な額よりも大きな金額を借りるのはあまりおすすめ出来ません。
というのは、使い道のないお金を手にしてしまうと、生活レベルを上げるために使ったり、遊興費などに使ってしまうということがあるからです。
あくまでも必要な金額だけを借りるというつもりで、金融業者を比較して探すようにするといいでしょう。
それぞれの金融業者の利率などを確認するためには、各業者のホームページを見て回るというのもいいですが、比較サイトというのも存在します。
そういったサイトでは、業者の名前と共に、融資可能額はだいたいこれぐらい、利率はこれぐらいという情報がまとまって載っています。
ただ、最近情報とは限りませんので、審査を申し込む前に正式なデータを確認しておいた方がいいでしょう。

深夜に緊急にお金が必要になったら

融資を受けるというのは、かなり以前からわかっている場合と、今、緊急に融資してもらう必要が出たという場合があります。
後者の例というのは、終電に乗り遅れてタクシーで家まで帰ることになったが、かなり距離があって料金が手持ちのお金よりも多くかかりそうといった場合になります。
この場合、融資はクレジットカードを使ってしてもらえるとしても、どこでお金を引き出すかというのが問題になります。
終電に乗り遅れるような時間であれば、銀行などの金融機関のATMは使えないからです。
こういう時は、コンビニにあるATMを利用するというのが一つの手でしょう。
コンビニであれば、深夜でもATMが使えないということはないですし、数が多いので、タクシー乗り場の近くでも見つけられる可能性があります。
もし、家の近くのコンビニに寄って、そこでクレジットカードでお金を引き出してから、再度乗って家まで行くという場合は、乗る時にあらかじめ運転手に伝えておくといいでしょう。
コンビニのATMでキャッシングする場合、深夜にクレジットカード会社側のコンピューターのメンテナンスの時間があって、お金を引き出せないということがあります。
もし、その時間にあたったら、再開するまで待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です