クレジットカードの審査が甘くなりたい人は他にいませんか?

キャッシングなどで融資を受けるには様々な方法があります。
一口で金融機関といっても銀行、クレジットカード会社、消費者金融といくつかの種類があります。
キャッシングを過去に利用した事の有る人なら違いがどういったものか分かると思いますが初めて融資を受ける人はどこから借りていいのか全く分からないでしょう。
またローンなどのように目的を持って計画的に申しこむのとは違い、キャッシングを利用する状況も様々でいきなりお金が必要になって急を要するような場合もあります。
焦って借りてしまうと金利の高い金融機関などから借りてしまう事もありえます。
普段から全くお金を借りる必要が無いと思っている人でもいざという時の為にカードなどを作っておくといいかも知れません。
クレジットカードは普通にショッピングで使用する他にキャッシングが出来るものもありますので持っているだけでもとても頼もしいです。
またカードの申込みなどは審査がありますので急な場合は間に合わない場合がありますので事前に作って持っておいても損はありません。
どうしても急なお金が必要になった場合は消費者金融系のキャッシングを利用すると審査も即日で融資を行ってもらえます。
審査が緩い場合は金利が高くなりますので注意しておきましょう。

現在のカードローン
現在では金融機関だけではなく、他の業界もカードローンを行っておりそれぞれに特徴があります。
金融系の中でも銀行系と消費者金融系とに分類することができます。
さらに消費者金融系も、銀行系消費者金融と通常の消費者金融に分けることが可能です。
他にはクレジット会社が直接発行している信販系、スーパーやデパートが独自に発行している流通系、IT系列の企業が発行しているIT系があります。
中でも最も信頼度が高いのは銀行系カードローンでしょう。
銀行系のカードローンの特徴は金利が安く融資の枠が大きく、審査が厳しいという事でしょう。
銀行系のカードローンは、現在では審査のスピードが早くなっており即日融資を行うところも珍しくはありません。
銀行という金融機関の信頼度の高さも大きな魅力と言えます。
その分審査が厳しいと言われており、他社借入が多い場合や年収が安定していない場合には審査に通りにくいと言われています。
銀行系のカードローンを利用するためには、早期の申し込みが有効だと言えるでしょう。
大きな枠の融資を低金利で受ける事が出来るわけですから他の金融機関よりも先に審査を受ける事が、審査に通って利用することにつながるのではないでしょうか。

足の裏のごはんよりはまし
私が何気なく、医療保険に入ろうと思ったのは、とある会社のクレジットカードに加入したとき、クレジット払いなら安く医療保険に入れると知った時でした。
その頃はがん保険も、生協で扱っている保険にも加入していたのですが、入院保険金が、がん保険以外では5千円と少ないことが不安でも有りましたので、あと五千円ぐらいは増やしたいと思い。
掛け金も当時の年齢ですと、2500円以下でしたので加入しました。
万が一の物だとかをくくっていたのですが、それから3年後に、癌が発見され、手術を受けるとは思いもよりませんでした。
その時は生命の心配が精一杯でした。
入院まで1ヶ月程の間、徐々に冷静になり、がん保険や医療保険の事に思いだしました。
早速、手続きを開始し始めました。
癌と言う生命を脅かす病気が状況に飲み込まれないように、自分で手続きを行いました。
そして入院、手術、退院。
医師からの診断書も貰い医療保険の保険金を頂きました。
がん保険、医療保険思いの外沢山の保険金をいただきましたが、何故か嬉しく有りませんでした。
生命を脅かす病気での保険金よりも健康が一番ですから。
しかしその後、他の病気で手術を受けたりしました。
健康には支えられませんが、お金という現実的なものを貰い、足の裏のご飯(取らなくては気持ち悪いし、とっても食べられない)よりは役に立ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です