結婚前後でクレジットカードの使い方は変わるか?

今まで独身で仕事をしていた女性が結婚した場合、一番に悩むのがお金の手続き関連です。今まで自分一人で管理していた銀行口座やクレジットカード、給与関連、生命保険などがすべてほぼ2倍になるのです。しかも将来子供ができたら、とか家を購入したい、とかあればある程度貯蓄も必要です。生活費はどうしよう、お小遣い制にしようかなど悩みは多いものです。でも男性はどうしてもお金を貯められない人が多いものなので、ぜひお金の主導権は女性自身が握りたいものですよね。そのためにはまず何かとスムーズにいくことを優先させましょう。毎月いくつかの銀行のATMをまわってお金を移動させる、というのは面倒なものです。そのためにはまず銀行口座を限定することと、その口座の目的を設定することです。例えば、夫の給与口座、女性が働いている場合はその給与口座、これを同一銀行にすることが一番スムーズです。口座自体は、本人名義でないと給与が振り込まれない場合なども会社によってあるので同一口座にする必要はありません。

同一銀行の口座に給与が振り込まれれば、その口座を給与振り込み専用口座とするか、生活費口座とするかを決めます。給与振り込み専用口座としてだけ使用する場合は、別の口座を作りましょう。これも同一銀行が望ましいです。そして、1つの銀行に設定できれば、クレジットカードの引き落としやキャッシュカードなども1種類から2種類になるのです。そして将来のための貯金は、別の金利の高い銀行でも同一銀行でも良いので、開設されることをおすすめします。最初の手続きは面倒かもしれませんが、長い結婚生活を考えるとスムーズにいきますよ。

お金に関する手続きが面倒なのを楽にする方法

まずお金に関する手続きで切っても切れないのは、毎月かかる固定費と給与、そして銀行です。まず銀行口座はいくつ持っているか、それぞれの銀行口座の役目は何か整理しましょう。一番好ましいのは1つの銀行に絞ることですが、多額の預金がある方などはリスクヘッジのために銀行を分けた方が無難かもしれません。ただし、銀行口座を絞ってそれぞれの口座の目的を決めることは、お金に関する手続き上基本となります。そして給与が振り込まれる口座と、毎月かかる家賃や光熱費、携帯電話代などの引き落とし口座は同一にしましょう。これで、自動的に余った分がその月に使えるお金として残ることになります。もしばらばらであれば、口座振り替え先の変更などの手続きが面倒かもしれません。でも今後のことを考えるととてもスムーズなので我慢してやりましょう。最近では窓口に行かなくても電話や郵送などで変更できる場合もあります。

次にもっとスムーズに行く方法です。可能な限り、固定費の引き落としを口座引き落としではなくクレジットカードから引き落とすように設定しておくのです。そうすると、万が一転職などで会社が変わって給与振込銀行が限定されてしまっても、クレジットカードの引き落とし銀行口座を変更するだけですべての固定費の引き落としが変更できます。しかもクレジットカードならポイントが付くサービスを提供していることも多いので一石二鳥です。お金の手続きは面倒なものですが、やり方と目的をしっかり決めておけばスムーズにいくものですよ。

ネットビジネスを通してさまざまなお金の手続きをクレジットカードでやっています

ネットビジネスを通してさまざまなお金のやり取りをしてきています。まずはじめにやっているのがインターネットオークションでのお金の取引です。インターネットオークションで買った商品を銀行の振込を通してお金を払っています。また、自分が出品をしたときも自分の口座にお金を振り込んでもらっています。銀行に振り込めるシステムは非常に便利だと思います。これからもどんどん利用をしていきます。また、記事の作成の副業をやっているときも自分の口座あてに報酬を振り込んでもらっています。報酬がたまってきたらお金を振り込んでもらい、生活費にあてています。ネットビジネスを通じてお金の手続きをする機会が増えてきているといえます。

ネットビジネスでの収入があることは大変うれしいことです。自分の銀行の口座にお金が振り込まれることで生活費にあてることができます。私は、インターネットで本なども買っていますが、決済は銀行を通して手続きをしています。これからもどんどん利用をしていきたいです。インターネットを使う人にとっては銀行の口座は欠かせないと思います。また、クレジットカードでの決済も可能です。インターネットによってさまざまな決済方法が可能になっています。電子マネーによっての決済もあります。自分にとって利用のしやすい決済方法を利用していくことで得をすることもあります。インターネットがお金の手続きのあり方をかえていると思います。お金の手続きの選択肢があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です